日本漢文の世界

 

月ヶ瀬梅渓(月瀬記勝)







(つけたり) 梅溪(ばいけい)十律(じふりつ)

梅溪(ばいけい)勝趣(しようしゆ)(みづか)(ろん)ずるに()
今日(こんにち)扁舟(へんしう)(はじ)めて(みなもと)()
濕霧(しふむ)兩崖(りやうがい)春水(しゆんすい)(わた)
冷雲(れいうん)十里(じふり)夕陽(せきやう)(むら)
榻前(たふぜん)幾歳(いくとし)圖畫(とぐわ)(あん)
枕上(ちんじやう)平生(へいぜい)夢魂(むこん)(らう)
記去(ききよ)山頭(さんとう)老禪(らうぜん)(たく)
(ただち)香裡(かうり)()柴門(さいもん)()たり

清川(せいせん)幽麓(いうろく)紅塵(こうじん)(はば)
雞犬(けいけん)寥寥(れうれう)たり洞裡(とうり)(はる)
僻境(へききやう)衣巾(いきん)魏晉(ぎしん)(あら)
編民(へんみん)姓族(せいぞく)(さだ)めて朱陳(しゆちん)ならん
山田(さんでん)萬石(ばんこく)(ぎよく)(しよく)()
籬落(りらく)十村(じふそん)(はう)()(となり)とす
笑殺(せうさつ)凡桃(ぼんたう)僊骨(せんこつ)()くを
(はな)()ゑて(まな)ばず(しん)()くるの(ひと)

花中(くわちう)清絶(せいぜつ)(ひさ)しく(うめ)()
()(きやう)居然(きよぜん)として(さら)(くわい)()
遍地(へんち)鎔銀(ようぎん)(らん)として(うみ)(ごと)
滿山(まんざん)(ぎよく)()(さん)として(たい)()
澄溪(ちようけい)(かげ)(ひた)して參差(しんし)として()
曲徑(きよくけい)(かう)()いて窈窕(えうてう)として(きた)
東閣(とうかく)西湖(せいこ)(なん)()ふに()らん
唐賢(たうけん)容易(ようい)鐡心(てつしん)(くだ)かん

山屐(さんげき)(かう)(きは)まる層嶺(そうれい)西(にし)
梅花(ばいくわ)(ふか)(ところ)(みち)高低(かうてい)
雲中(うんちう)(ひと)(よぎ)りて前途(ぜんと)(あやま)
雪裏(せつり)(つる)(かへ)りて舊棲(きうせい)(まよ)
幽谷(いうこく)(かぜ)(かを)りて(おのづか)(みちびき)()
芳陰(はういん)(こけ)(まじ)りて(また)(こみち)()
清宵(せいせう)(さら)(はつ)逋仙(ほせん)()
疎影(そえい)分明(ふんみやう)たり(つき)一溪(いつけい)

月下(げつか)(ころも)(ふる)ひて碧岑(へきしん)()
皎然(かうぜん)一矚(いつしよく)千林(せんりん)(つく)
幽巖(いうがん)冷淡(れいたん)にして(くも)(いろ)()
遙澗(えうかん)潺湲(せんかん)として(はな)(おと)()
(かぜ)帽簷(ぼうえん)(はら)ひて(さけ)()()
(しん)頭上(づじやう)(よこ)たはりて(よひ)(ふか)きを(おぼ)
佳人(かじん)畢竟(ひつきやう)()(かく)(とど)
今夜(こんや)(かなら)(すべから)樹陰(じゆいん)宿(しゆく)すべし

雪楳(せつばい)(あひ)(ともな)ひて茲辰(じしん)()
芳意(はうい)寒光(かんくわう)(ふた)つながら()(しん)なり
(おのづか)暗香(あんかう)()千樹(せんじゆ)(あかつき)
(さら)素彩(そさい)()十分(じふぶん)(はる)
()(はか)らんや庾嶺(ゆれい)(せん)(ゆめ)みるの(かく)
()ねて剡谿(せんけい)(きよう)(じよう)ずるの(ひと)()らんとは
滿目(まんもく)皚然(がいぜん)たり清淨(せいじやう)(きやう)
(やま)()(みづ)()纖塵(せんぢん)(あらは)

(たに)()(いは)()づること自由(じいう)ならず
萬梅(まんばい)林下(りんか)輕舟(けいしう)(ゆら)
(たま)(つら)ねて(えだ)()風塵(ふうぢん)(へう)
(ゆき)(えい)じて(ひと)(かうむ)鶴氅(かくしやう)(きう)
素絢(そけん)()()りて危壁(きへき)()
玉山(ぎよくざん)(かげ)(たふ)れて中流(ちうりう)()
篙夫(かうふ)(さを)(うつ)すは(すべから)除緩(じよくわん)なるべし
九曲(きうきよく)風光(ふうくわう)細求(さいきう)(えう)

盡日(じんじつ)(はる)(たづ)ねて()(きは)まらんと(ほつ)
溪山(けいざん)(きやう)(したが)ひて(さら)(おな)じき()
(いは)危㟁(きがん)(かか)りて參差(しんし)として()
(みづ)寒沙(かんさ)()みて屈曲(くつきよく)して(つう)
輭雲(なんうん)()(やぶ)りて屐齒(げきし)(かを)
叢雪(そうせつ)穿(うが)(きた)りて(ふね)(ほう)(かか)
兜羅綿(とろめん)()乾坤(けんこん)(しろ)
斜陽(しややう)埋却(まいきやく)して(また)(こう)(うしな)

(はる)()みて布韈(ふべつ)(うめ)(ため)(ばう)なり
()ること朝陽(てうやう)()夕陽(せきやう)(いた)
(ゆき)()(つき)()咀嚼(そしやく)()へたり
(はな)()(ひと)()徜徉(しやうやう)(まか)
新圖(しんづ)(けい)(うつ)して筆端(ひつたん)(くわつ)
奇句(きく)(いう)(しる)して囊底(なうてい)(かを)
(ひと)たび()りて他年(たねん)()(しよう)(おも)はば
山川(さんせん)(えう)として白雲郷(はくうんきやう)()らん

留連(りうれん)兩日(りやうじつ)仙寰(せんくわん)宿(しゆく)
僮僕(どうぼく)(かへ)るを(うなが)して()いて(くわん)()ださしむ
(そで)滿()清香(せいかう)(たづさ)()()
一枝(いつし)冰蕋(ひようずい)()りて(まさ)(かへ)らんとす
(かさ)ねて(あそ)ぶこと()らず(いづ)れの(とし)にか()
後夢(こうむ)(ただ)(まさ)()(かん)(たづ)ぬべし
()蹇驢(けんろ)()りて倒騎(たうき)()
雲間(うんかん)(くび)()きて殘山(ざんさん)(のぞ)まん


2019年5月2日公開。

ホーム > 名勝の漢文 > 月ヶ瀬梅渓(月瀬記勝) > 梅溪十律訓読

ホーム > 名勝の漢文 > 月ヶ瀬梅渓(月瀬記勝) > 梅溪十律訓読