日本漢文の世界

 

赤目四十八滝(観瀑図誌)








大日瀑語釈

餘音(よいん)
 余韻。あとあとまで残る響き。

漎然(しようぜん)
 水のさらさら流れる音の形容。

半谷(はんこく)(でん)可復(かふく)
 野田半谷(1819~1898)は津藩士で書家。名は可復(よしふみ? よしなお?)、字は謙之、半谷は号。署名で姓を「田」としているのは修姓。

艱辛(かんしん)
 なやみや苦しみ。

千古(せんこ)
 大昔。

幽泉(いうせん)
 僻地の隠れた泉。

山靈(さんれい)
 山の神。

秘惜(ひせき)
 隠して人に見せないこと。

庚申(かうしん)
 「かのえ・さる」の年。ここでは万延元年(1860年)。

津城(つじやう)
 現在の三重県津市。津藩藤堂家の城下町であった。「城」は「城市」(まち)の意味。作者・梁洲は名張藤堂藩の家老として、本藩である津藩へ出張することも多かったのであろう。

樹隙(じゆげき)
 樹木の間隙。

鬼視(きし)()
 日本のことわざ「鬼の目にも見のこし」を直訳したもの。鬼はここでは日本の「オニ」(「鬼」字の原義は「死者の魂」)。ことわざの意味は、「鬼のようにくまなく目を光らせていても、なお見逃すことがある」。

山口(さんこう)
 山の登り口。

澗隈(かんわい)
 谷川が湾曲している場所。

目搜(もくそう)
 用例の見当たらない語だが、文字通り「目で捜す」ということ。

蔚葱(うつそう)
 「鬱葱」「鬱蒼」などとも書く。草木がこんもりと茂ること。

寒梢(かんさう)
 葉が落ちてしまった木のこずえ。

槎枒(さが)
 木の枝がごつごつとしている様子。

礧石(らいせき)
 「礌石」とも。ここでは大石のこと。もとの意味は、戦時に高所から敵をめがけて落とす大石のこと。

狼藉(らうぜき)
 あちこちに散乱している様子。

往往(わうわう)
 ところどころ。

艱步(かんぽ)
 歩きにくいところを苦労して歩くこと。

積鐡(せきてつ)
 他に用例を見いだせない語。堆積した砂鉄のことか。

舒遅(じよち)
 ゆったりとしている様子。

蕭爽(せうさう)
 きよらかな様子。

鎔銀(ようぎん)
 熱で溶けた状態の銀もしくは水銀のことか。

崖趾(がいし)
 崖の土台の部分。

盤石(ばんせき)
 大きな岩。

激揚(げきやう)
 激しく飛び散ること。

兩腋(りやうえき)
 両わき。

冰骨(ひようこつ)
 元の意味は、水面に張る薄氷のことだが、ここでは「つらら」のことではないかと思われる。

地勢(ちせい)
 土地の状態。土地の全体的な様子。

流注(りうちう)
 流れそそぐこと。

石罅(せきか)
 岩のすきま。

伏流(ふくりう)
 地下の水流となること。

下風(かふう)
 下位ということ。問題外。

頭風(とうふう)
 頭痛。

暑月(しよげつ)
 夏。

()
 近よること。

面目(めんぼく)
 もとは顔のことだが、景観や状態などのことにも使われる。

杉杪(さんべう)
 杉のこずえ。

崇高(すうかう)
 ここでは高さが高いこと。

土人(どじん)
 土地の人。

鉅觀(きよくわん)
 壮観。

(へう)(たつ)
 標識を立てること。

拈出(ねんしゆつ)
 ひねり出す。

秋毫(しうがう)
 秋に生え変わる獣の毛のことで、小さなことにたとえる。

輿薪(よしん)
 車に積んだまきのことで、大きなことにたとえる。

應接(おうせつ)
 ものごとを処理すること。

耳目(じもく)
 見聞。


2017年3月26日公開。

ホーム > 名勝の漢文 > 赤目四十八滝(観瀑図誌) > 大日瀑語釈

ホーム > 名勝の漢文 > 赤目四十八滝(観瀑図誌) > 大日瀑語釈