日本漢文の世界


岩倉公所藏正宗鍛刀記語釈

岩倉(いはくら)(こう)

岩倉具視(いわくら・ともみ、1825-1883)。公家出身の明治維新の功労者。明治4年、特命全権大使として欧米を廻った。帰国後、西郷隆盛の征韓論を退け、内政充実に努めた。明治16年没。

鍛刀(たんたう)

よく鍛えられた刀。

右相(うしやう)

右大臣のこと。岩倉公は、当時右大臣であった。

一口(いつこう)

一本。「口」は、人や品物を数えるときの接尾辞。 

贈遺(ぞうい)

贈り物。

()

男子の尊称。「貴殿」というような意味。 

()

記録をつくる。

(がう)

剛は、川田甕江の諱(いみな=本名)。本文中に実名を使うのは、へりくだる意味がある。

唯唯(いい)

「唯唯」は、「かしこまりました」、と返事申し上げること。「唯」は、下位の者が上位の人に命ぜられたことを承諾したときに発する言葉。

(すわ)

「座りなさい」という意味。

戊辰(ぼしん)(らん)

明治初年の幕府残党の乱。上野の彰義隊、会津の白虎隊などが有名。 

(りく)()

天皇陛下の軍隊。

幕帥(ばくすい)

幕府の総帥、すなわち徳川将軍(徳川慶喜)のこと。

徳川(とくがは)慶喜(よしのぶ)

徳川慶喜(1837-1913)は、江戸幕府の第十五代将軍。慶応三年(1867年)十月十四日、京都二条城において大政奉還を奏上し、江戸に屏居したが、朝廷は東征軍を発した。この文章はこの間の事情を扱っている。慶喜は維新後、罪を許されて、駿府(静岡市)に隠居した。のち、公爵を授けられた。

(へい)(きよ)

「屏居」とは、世を退いて、家に引きこもること。徳川慶喜は、官軍に対して謹慎の意を示すために屏居(隠居)し、朝廷からの処分を受け入れようとして、待っていた。 

羣兵(ぐんぺい)騒擾(さうぜう)

「羣兵(群兵)」は、幕府方の兵士。官軍(朝廷軍)が江戸へ迫ってくるので、彼らは迎え撃つ準備をして、大いにいきり立っていた。

(いきほひ)(せい)(べか)らず

幕府兵士たちの勢いは、もう誰にも止められなくなっていた。

麾下(きか)

幕府の直属の部下(要するに「旗本」)のこと。

山岡(やまをか)鐵舟(てつしう)

山岡鉄舟(1836-1888)は、諱(いみな)は高歩、通称は鉄太郎、号は鉄舟。旧幕臣で、剣術に通じ、無刀流の創始者。江戸城無血開城の際における活躍は、甕江のこの文章により、後世に伝わった。鉄舟は維新後、明治天皇の侍従として側近に使え、子爵になった。書画も善くした。

任侠(にんけふ)

男気があること。

軍事(ぐんじ)總裁(そうさい)

江戸幕府の官職で、幕府の軍事の指揮権を掌握する立場にあった。 

(かつ)安房(あは)

勝海舟(1823-1899)。安房守の官職にあったので、勝安房とよばれている。咸臨丸でアメリカへ渡ったことでも有名。幕府の海軍奉行を務めた。幕府崩壊の時に、幕府の軍事総裁として、総督府参謀西郷隆盛とともに江戸城無血開城を成功させたことは、明治維新史上の大功績である。維新後は明治政府で海軍卿となった。伯爵。

有栖川(ありすがは)親王(しんわう)

有栖川熾仁(たるひと)親王(1835-1895)。戊辰戦争時は征討総督、会津征伐大総督を務め、以後、左大臣、参謀総長等を歴任した。

征討(せいたう)總督(そうとく)

幕府軍を征伐するために設けられた官軍の職。

駿府(すんぷ)

現在の静岡市。徳川家康の隠居地で、幕府の直轄領になっていた。

駐營(ちうえい)

軍隊が駐留すること。

薩人(さつじん)

薩摩の人。西郷隆盛は薩摩藩士。

西郷(さいがう)隆盛(たかもり)

西郷隆盛(1827-1877)は、薩摩藩士で、薩長連合成立の立役者。戊辰戦争のときは、征討大総督府参謀として活躍した。後年「西南の役」の首謀者となり、国賊として死んだ。「西郷南洲」などとせず、「西郷隆盛」と実名で書かれているのは、国賊であるため。

帷幄(ゐあく)

軍隊の参謀本部。ここでは、征討総督の軍営。

參謀(さんぼう)

計画立案等に関与する人。

先鋒(せんぽう)

官軍の先頭部隊。

轅門(ゑんもん)

陣門のこと。陣屋の門。

()

「よぎる」と読んでもよい。とおり過ぎること。

大呼(たいこ)

大声で叫ぶこと。

朝敵(てうてき)

朝廷の敵、天皇陛下の敵ということ。

(きふ)()

急用がある。

(しう)

川崎の官軍の陣中にいた人びと。

愕眙(がくち)

驚いて、目を見張る。

(とど)むる()()

「鉄舟を止めようとするものは誰もいなかった。」 (原文「莫之或止」。「或」は「有」と同義。「之」は、語気を整える助辞で、意味はない。)

候騎(こうき)

斥候(敵情偵察)の騎兵。

馳驟(ちしう)

馳せ集まる。

一驛(いちえき)喧傳(けんでん)

「小田原の町じゅうで、やかましく触れ回っている。」 駅は宿場(ここでは小田原)。一は、一国とか一天などと言うときの一と同じで、全体という意。

甲地(かふち)

甲府のこと。甲州勝沼で幕府軍が叛乱をおこしていた。

(ぢやう)(せつ)する

交戦状態になること。

遁兵(とんぺい)

逃げた兵隊。

嘯集(せうしう)

呼び集めること。

(けい)()くんば云云

「法を用いなければ伐つ」ということ。左伝(隠公11年)の語で、軍隊の節度をいう。「刑」は法のこと。

有禮(いうれい)

軍隊の礼法にかなっていること。

悚然(しようぜん)

恐れるさま。

静寛(せいくわん)(ない)親王(しんわう)

将軍家茂に降嫁された、皇女和宮のこと。

天璋(てんしやう)太夫人(たいふじん)

先代の薩摩藩主、島津斉彬の娘。将軍家定の夫人。

(いた)

「ゆだねる」意。

備藩(びはん)

備前岡山藩のこと。

()()

それぞれの立場を取り替えること。

(さつ)(こう)

薩摩藩主、島津久光のこと。

百口(ひやくこう)

徳川氏が有利になるように、さまざまに口添えをすること。

載書(さいしよ)

盟約の言葉を書き記し、宣誓すること。

好漢(かうかん)

勇敢で立派な男子。

一國(いつこく)

ここでは徳川氏のこと。

()

通行証。

誰何(すいか)

「誰だ?」、と問いかけること。

()

「あてがう」こと。『搜神記』の『干將莫邪』に「客以劍擬王、王頭隨墮湯中、客亦自擬己頭、頭復墮湯中。」とある。

(たてふだ)

高札(こうさつ)のこと。板に書いて、人目につくところに高くかかげた。

大逵(だいき)

大通りのこと。

安堵(あんど)

安心して暮らすこと。「堵」は、もともと家のまわりの土塀のことで、安堵とはその中で安心していること。

(いへ)(さと)

徳川家達(1863-1940)。徳川家第16代当主。もと田安亀之助と称したが、慶応4年(1868年)、6歳で田安家から徳川本家に養子に入った。維新後、静岡知藩事。明治10年(1877年)、イギリスへ留学。のちに貴族院議長などを歴任。

生靈(せいれい)

人民のこと。

肝腦(かんなう)()(まみ)

戦争による流血の惨禍に巻き込まれること。

廟謨(べうぼ)

朝廷のはかりごと。

寛仁(くわんじん)

心が広く、あわれみ深いこと。

起拜(きはい)

立ち上がって、おじぎする。

血漕(けつさう)

やいばの両面にある細い溝。「ちながし」。

(かう)

「なかご」のこと。刀身の柄の中に入る部分。小身(こみ)ともいう。

鋒尖(ほうせん)

刀の先。

利刃(りじん)(たま)()

切れ味のよい刀のたとえ。硬い宝石でも切れるくらいの切れ味のさえをいう。

凛乎(りんこ)たる秋霜(しうさう)

名刀の形容。刀がきらりとするどく光るさまを、秋の霜にたとえる。

下豊(かほう)上殺(じやうさい)

下のほうはたっぷりと太く、上のほうは細くなっている。

五千貫(ごせんくわん)

貫は、銭一千文にあたる。

藤原正宗(ふじはらのまさむね)

鎌倉時代末期の刀工。相模の国、鎌倉に住んでいた。詳しい伝記は不詳。

宮本(みやもと)武藏(むさし)

かの有名な二刀流の開祖。

()(れい)

吉礼(祭祀)、凶礼(喪)、軍礼(軍事)、賓礼(賓客)、嘉礼(冠婚など)。

品位(ひんゐ)

ねうち。

曠古(くわうこ)

未曾有。前代未聞。古(いにしえ)を曠(むな)しくする、すなわち前例がないくらい優れていること。

覆轍(ふくてつ)

失敗の前例のこと。ひっくり返った車のわだちのあと、というのが原義。前車が覆(くつが)えれば、後車はそれを見て戒めなければならない。

2001年8月5日公開。2002年10月13日一部追加。