日本漢文の世界

 

漢訳不如帰







漢譯不如歸 上篇 (一)の二(2)

[訓読]
 (すなは)(とう)(てん)じ、婦人(ふじん)熟視(じゆくし)して(いは)く、「恭人(おくさん)(いま)(すで)圓髻(まるまげ)()る。賢萱(けんけん)()(とき)(とし)()(をさな)く、垂髪(すゐはつ)(めん)(おほ)ひ、(おうな)背後(はいご)襁褓(きやうほう)(なか)()り。賢萱(けんけん)()び、涕泣(ていきふ)して()まざりき。當時(たうじ)追懷(ついくわい)すれば、恍乎(くわううこ)として()(さく)のごとし。(しかう)して居諸(きよしよ)旋轉(せんてん)()(とう)ずるが(ごと)く、(かうべ)(めぐ)らせば(はや)(すで)(ここ)十有餘年(じふいうよねん)なり。恭人(おくさん)成長(せいちやう)して、(いま)(すなは)良家(りやうか)令夫人(れいふじん)()る。(おうな)()ゆる、()(うたが)はざる(なり)嗚呼(ああ)賢萱(けんけん)をして(いま)()()()らしめば、()(よろこ)(はた)して如何(いかん)()今也(いまや)(すなは)()し。(かな)しき(かな)。」と。(げん)(をは)りて、潸然(さんぜん)として聲涙(せいるゐ)(とも)(くだ)る。

賢萱・・・浪子の実母。母親のことを萱堂という。
垂髪・・・おさげ。
襁褓・・・小児をおんぶするときに着る打ち掛け。
恍乎・・・ほのかに見える様子。
居諸旋轉・・・「居諸」は歳月のこと。歳月がめぐること。
梭・・・・機織の道具である「ひ」のこと。
潸然・・・涙がはらはらとこぼれる様。
聲涙倶下・・・涙を流しながら話すこと。
※この部分は、漢訳では大胆に省略され、浪子の母親に関する部分のみが訳されている。


2009年10月4日公開。

ホーム > 和文漢訳資料 > 漢訳不如帰 > (一)の二(2)

ホーム > 和文漢訳資料 > 漢訳不如帰 > (一)の二(2)