日本漢文の世界


進學(しんがく)()

柴野(しばの) 栗山(りつざん)

 西宮驛(にしのみやえき)より二里(にり)にして菟原驛(うばらえき)なり。右顧(うこ)すれば(すなは)摩耶山(まやさん)雲表(うんぺう)翅然(しぜん)たり。()心神(しんしん)飄飄(へうへう)として、(はや)()(いただき)()り。(ただ)行旅(かうりよ)(すで)三日(みつか)(くは)ふるに前日(ぜんじつ)妄行(まうかう)(もつ)てし、(すこぶ)疲頓(ひとん)し、(こころ)登陟(とうちよく)(かた)んず。()()()()(さと)りて(いは)く、「(しか)(つか)れたりと(いへど)も、()(みち)()んこと(あるい)(しばしば)(べか)らず。(なん)()春和(しゆんくわ)(じよう)じて(もつ)一探(いつたん)せざる()。」と。()(すなは)(みぎ)(みち)田間(でんかん)()り、()くこと數十里(すうじふり)(はじ)めは(はなは)だしくは(のぼ)るを(おぼ)えず。山下(さんか)(いた)れば、村肆(そんし)(すで)濱海(ひんかい)()よりも(たか)きこと數十丈(すうじふぢやう)(うみ)(へだ)てて(ひがし)(せつ)(せん)二州(にしう)平臨(へいりん)す。山川(さんせん)城邑(じやういふ)繡錯(しうさく)碁峙(きぢ)し、(みな)(これ)掌上(しやうじやう)()()(なり)
 ()店上(てんじやう)()し、()(かへり)みて(いは)く、「()(また)()れり。」と。()(ふる)つて(いは)く、「(すで)(ここ)(いた)る。(ただ)()(いち)土阜(どふ)(をど)りて()()し、(なん)(こう)(つか)れたる()。」と。(すなは)(たん)()きて(これ)(みせ)主人(しゆじん)(ぐう)し、(つゑ)(けつ)して(のぼ)る。土阪(どはん)(きは)めて(けは)しく、(あし)()ぐること(おび)よりも(たか)し。()くこと數折(すうせつ)氣息(きそく)喘喘(せんせん)として、喉間(こうかん)(こゑ)()す。(おほむ)數十步(すうじつぽ)なる(あた)はずして、(すなは)佇立(ちよりつ)して(あひ)(かへり)みる。()()沮色(そしよく)()るを()て、(すなは)(いは)く、「(こう)(つと)めよ。少頃(せうけい)にして()()ふ、(もつ)(あひ)(むく)ゆる()らん。」と。(すなは)(また)崎嶇(きく)十餘里(じふより)坪處(へいしよ)()(くさ)()く。向之(さき)(たなごごろ)()しし(もの)(みな)(あし)にて()()く、(しかう)して平臨(へいりん)せし(もの)(みな)()して()()し。(おほ)(もの)(みな)(あら)はれ、(ふく)(もの)(みな)()く。()(ばう)山下(さんか)()すれば、(また)數十(すうじふ)倍蓰(ばいし)す。()(たのし)()()(なり)()(わら)つて(すす)んで(いは)く、「()(ねがは)くは(これ)(ほう)じて(もつ)(こう)(らう)(むく)いん、如何(いかん)(さか)(すで)七八分(しちはちぶ)(きは)む。(おも)ふに前路(ぜんろ)(また)(けは)しからず。(こう)數步(すうほ)(らう)()ひて()げざること()かれ。」と。()(これ)(うなづ)く。(はた)して阪道(さかみち)(やや)(たひ)らかに、平步(へいほ)して(すす)()し。(ただ)山門內(さんもんない)(すこぶ)峻絕(しゆんぜつ)にして、左右(さいう)憎房(そうばう)(みな)(いは)()り、(いし)()みて(もつ)(もとゐ)()し、(たか)(あるい)數十丈(すうじふぢやう)なり。(した)()(のぼ)り、層層(そうそう)として(きふ)()し、(もつ)石磴(せきとう)(さしはさ)む。(とう)(なが)(あるい)數百千級(すうひやくせんきふ)あり。(すで)層巔(そうてん)()りて()す。東北(とうほく)(ばう)河內(かはち)(つく)()し。()抗然(かうぜん)として對揖(たいいふ)する(もの)は、金剛(こんがう)諸山(しよざん)(なり)(てん)じて(みなみ)すれば(せん)()(また)(みなみ)一帶(いつたい)(くも)(ごと)(もの)(すなは)()()()との(だん)ずる(ところ)浩波(かうは)(てん)(たう)し、(ただ)ちに南溟(なんめい)()()し。(ちか)くしては淡路島(あはじしま)和田(わだ)(みさき)(また)(ちか)くしては湊川(みなとがは)生田川(いくたがは)源豫州(げんよしう)(てき)(はし)らせし(ところ)楠河州(なんかしう)()(じゆん)ぜし(ところ)足利(あしかが)新田(につた)興滅(こうめつ)せし(ところ)()阨塞(あいさい)は、當時(たうじ)(あらそ)()りて(もつ)(みづか)(たも)ちし(ところ)(もの)なり。(やま)(すなは)面勢(めんせい)(つく)()く、(かは)(すなは)源委(げんゐ)(きは)()し。
 ()()りて(おも)ふに、(さき)()をして(けん)(おそ)(らう)(はばか)り、中道(ちうだう)にして(はい)せしめば、(すなは)(いづく)んぞ()()(たの)しみを()くるを()乎哉()(ゆゑ)()一層(いつそう)(らう)()(もの)は、()一層(いつそう)(たのし)みを()く。()千百層(せんひやくそう)(らう)(いさ)(もの)は、()千百層(せんひやくそう)樂地(らくち)(いた)る。(らう)すれば(すなは)(いよいよ)(たの)しむ。(けい)(いは)く、「(くる)しみて(まな)ぶ」と。(また)(いは)く「(たの)しみて(もつ)(うれ)ひを(わす)る」と。()(くる)しむ(ところ)(すなは)()(たのし)(ところ)()()諸君(しよくん)()十數年(じふすうねん)勞困(らうこん)(はばか)(おそ)れて、終身(しうしん)樂地(らくち)(しつ)すること()くんば()なり。

2012年4月30日公開。