日本漢文の世界


楠左衛門尉髻塚碑語釈

(くすのき)左衛門(さゑもんの)(じよう)

楠正行(くすのき・まさつら、?-1348)のこと。正行は、楠正成の嫡男。小楠公と呼ばれている。父正成との桜井での決別のあと、父の遺志をついで、南朝の復興につくしたが、四条畷の戦いで、一族郎党百四十三人とともに討ち死にした。左衛門尉は朝廷(この場合は南朝)の官職。

髻塚(もとどりづか)

髻(後出)を埋めた塚。

正平(しやうへい)三年(さんねん)

正平は南朝の年号。西暦1348年。

車駕(しやが)

天皇(ここでは後村上天皇)のこと。もともと天子の車を意味することばだが、天子そのひとを指すようになった。 

芳野(よしの)

奈良県の吉野。

(かうの)師直(もろなほ)

高師直(?-1351)は、足利尊氏の重臣。足利幕府の設立や南朝との戦いで大功をたてたが、のち尊氏の弟直義との抗争に敗れて殺された。

來冠(らいこう)

外敵がせめてくること。 

族黨(ぞくたう)

一族と家来。一族郎党。

行宮(あんぐう)

天皇の行幸中における仮御所。この意味のときは、「行」の字を唐音で「アン」と読むことになっている。

陛辭(へいじ)

天皇(ここでは後村上天皇)のもとを辞去する。

(もとどり)

まげ。頭の上に髪を束ねたところ。髻を切ることは、死を覚悟していることを表している。「髻」の字音は「ケイ(jì)」。

乙丑(いつちう)

「きのとうし」の年。ここでは、慶応元年(1865年)。

(すすむ)

節齋の諱(いみな=本名)。漢文では、自分の本名を書くと、へりくだる意になる。 

備中(びつちう)

旧国名。現在の岡山県西部。

談山(だんざん)

奈良県桜井市にある多武峰(とうのみね)の別称。「たんざん」という読み方もある。

芳山(はうざん)

吉野山(よしのやま)のこと。 

(あそ)

他の土地へ旅行して風景などを楽しむこと。

會津田(あひづだ)正臣(まさおみ)

この文章の最後に紹介がある。楠正成十八世の子孫で、代代紀州藩に仕えていた。

(いし)

石碑のこと。

(へう)する

表彰する。つまり、ひろく世間にしらせること。 

二山(にざん)

前出の談山と芳山。

()

男子の尊称。「貴殿」。

藤原(ふじはら)大織冠(たいしよくくわん)

藤原鎌足(614-669)。大織冠は、大化の改新後に設けられた最高官位で、初めて授けられたのは、藤原鎌足である。ゆえに単に「大織冠」といえば藤原鎌足を指す。

(べう)

祖先の霊をまつる「たまや」のこと。ここでは藤原鎌足をまつる談山神社のこと。 

宏敞(くわうしやう)

ひろびろとして見通しがきくこと。

殿宇(でんう)

社殿(神社の建物)のこと。

(うづ)

「瘞(エイ yì)」は埋めること。

()

ここでは、おとずれること。

蔓草(まんさう)寒煙(かんえん)

はびこる草とさびしい煙。荒れ果てた古跡の形容として使われることば。

低囘(ていくわい)

(感慨無量となって)首をたれて、行きつ戻りつすること。この文章が下敷きにした頼山陽の『日本外史』楠氏論にもこの表現が使われている。頼山陽は、桜井駅(楠父子訣別の地)が小村で、行き交う人人が遺跡であることにも気づかないのを見て、「低回して去ること能はず」と言っている。

潸然(さんぜん)

さめざめと涙をながすようす。

(なんだ)(くだ)

涙がぽろぽろと落ちる。「涙」の字は「なんだ」と読み慣わしている。

藎臣(じんしん)

忠誠をつくした臣下。

大憝(だいたい)

大悪人。藤原鎌足の殺した大悪人とは、蘇我入鹿のこと。

(たふ)

殺すこと。

天日(てんじつ)云云

太陽(天皇家にたとえる)が墜落しそうになっているのを、回復させた。これは大化の改新のことを指す。『日本外史』楠氏論にもある表現。

百世(ひやくせい)

非常に長いあいだ。のちのちまで。

廟食(べうしよく)

まつられて供養を受けること。

南風(なんぷう)(きそ)はず

左伝の語で、南の国(ここでは南朝)の勢力がふるわないこと。『日本外史』楠氏論にもある表現。

囘天(くわいてん)(せき)

前出の、大化の改新の功績。

彪炳(へうへい)

きらびやかで美しい。あきらかに輝いている。

綱常(かうじやう)

人の守るべき道徳。三綱(君臣・父子・夫婦の道)、五常(仁・義・礼・智・信)。

無窮(むきう)

きわまりのないこと。ここでは「永久」というくらいの意味。

夷狄(いてき)

「野蛮人」。ここでは当時わが国にむりやり開国させた欧米諸国を指す。

猖獗(しやうけつ)

たけり狂って、あばれまわること。

九重(きうちよう)

天皇のこと。このときは、孝明天皇。

宵旰(せうかん)

宵衣旰食の略。あけがたに起きて起きて衣服を着け、日が暮れてから食事をするという意味。天皇が政治に心血を注がれること。

(とき)

大切な時期という意味のときは、「とき」と読む。諸葛亮の「前出師表」に「危急存亡の秋(とき)なり」とある。

竹帛(ちくはく)

もともと書物のことだが、「歴史」という意味で用いられる。「名を竹帛に垂る」とは、歴史に名を残すこと。

大丈夫(だいぢやうふ)

ますらお。意志の強い立派な男のこと。

躍然(やくぜん)

よろこんで、おどり上がる様子。

(よよ)

代代といういみのときは、「よよ」と訓じる。

紀藩(きはん)

紀州藩のこと。

(くすのき)中將(ちうじやう)

楠正成(?-1336)。この文章に出てくる楠正行の父親。後醍醐天皇を助けて建武の中興を実現した。中将は朝廷の官職。

(すゑ)

子孫。

紀元(きげん)

元年。 

2001年8月5日公開。