日本漢文の世界


晴吟(せいぎん)雨哦(うが)(しふ)(じよ)

石坂(いしざか) 空洞(くうどう)

 新聞(しんぶん)記者(きしや)天下(てんか)耳目(じもく)()り。(ゆゑ)萬巻(ばんくわん)(しよ)()み、萬里(ばんり)(みち)()(もの)(あら)ずんば、(すなは)不可(ふか)なり。(しか)るに()()(もの)(いま)(かなら)ずしも()()かず、()()(もの)(いま)(かなら)ずしも()()まざる(なり)()()(これ)()ぬる(もの)は、敬香(けいかう)散史(さんし)()()(ひと)ならん()
 散史(さんし)(つと)萬巻(ばんくわん)(しよ)()み、萬里(ばんり)(みち)()く。(みみ)にする(ところ)(ひろ)く、()にする(ところ)(ひろ)し。(もつ)天下(てんか)耳目(じもく)()るに()れり。散史(さんし)(かつ)静岡(しづをか)新聞(しんぶん)從事(じうじ)し、(また)山陽(さんやう)新報(しんぽう)主幹(しゆかん)たりき。(ここ)(もつ)名聲(めいせい)籍甚(せきじん)遠邇(ゑんじ)(かまびす)し。頃日(けいじつ)又復(またまた)神戸(かうべ)新報(しんぽう)轉任(てんにん)す。()()るに(のぞ)んで、近著(きんちよ)晴吟(せいぎん)雨哦(うが)(しふ)一巻(いつくわん)郵寄(いうき)し、(じよ)()(ちよう)す。(のべ)(これ)(けみ)するに、(そと)(すなは)物候(ぶつこう)世態(せたい)(うち)(すなは)樂事(らくじ)苦境(くきやう)()()(ところ)(みみ)()(ところ)(みな)諸詩(しよし)(ぐう)し、()(ところ)(およ)若干(じやつかん)(しゆ)()()(ぐう)する(ところ)は、(ことごと)天下(てんか)(こと)(ろん)ずるに(あら)ざるは()(なり)()(いは)く、散史(さんし)(すで)萬巻(ばんくわん)(しよ)()み、萬里(ばんり)(みち)()き、天下(てんか)(こと)(ろん)ず。(はた)して()(かく)(ごと)し」と。
 ()(また)少小(せうせう)漫遊(まんいう)(よろこ)び、鴻爪(こうさう)浪遊(らういう)(あと)天下(てんか)(あまね)し。萍水(へいすい)浪交(らうかう)(とも)海内(かいだい)滿()つ。(しか)るに(いま)萬巻(ばんくわん)(しよ)()(あた)はず。(うら)()しと()す。(いま)老大(らうだい)往事(わうじ)回顧(くわいこ)すれば、(いたづら)(いつ)散脚(さんきやく)道人(だうじん)なる(のみ)(ああ)

2008年9月21日公開。