日本漢文の世界

 

頼山陽の故居・山紫水明処訪問



5.山紫水明処の建物 (3)

頼山陽書斎「山紫水明処」西側の窓
建物の西側(=庭側)の窓 部分的に開けたり閉めたりできます。

頼山陽書斎「山紫水明処」西側の窓(外側)
西側の窓を外側から見たところ。
不ぞろいな 自然木の柵が障子に写り、
面白い影になるそうです。

 山紫水明処は風の通りに非常に気を使ってあります。東がわの戸と西側の窓を開け放てば、風が通り抜けます。西側の窓を半分閉めたり、全部閉めたりすることにより、風の具合を調節することができます。

頼山陽書斎「山紫水明処」西側
建物の四方に戸や窓があるのは、通気のためです。

 このような工夫により、夏はとても涼しいそうです。(ただし蚊が多いとのこと。)冬はもちろん寒いのですが、すべての戸と窓に雨戸がついているので、締め切って火鉢などで温めたようです。現在は火気厳禁のため、冬の間(12月から2月)は公開していないとのことでした。



2007年12月30日公開。

ホーム > 頼山陽 > 山紫水明処訪問 > 山紫水明処の建物(3)

ホーム > 頼山陽 > 山紫水明処訪問 > 山紫水明処の建物(3)