日本漢文の世界


赤埴重賢(あかばねしげかた)

芳野(よしの) 金陵(きんりよう)

 赤埴重賢(あかばねしげかた)通稱(つうしよう)源藏(げんざう)鹽山(しほやま)()なり。(よよ)龍野(たつの)(こう)(つか)へ、()でて赤穗(あかほ)赤埴(あかばね)(ぼう)義子(ぎし)()る。馬廻(うままはり)()せられ、祿(ろく)二百石(にひやくこく)()む。(ひと)()勇毅(ゆうき)忠直(ちうちよく)にして、(さけ)(たしな)む。

 元祿(げんろく)(ちう)赤穗(あかほ)(こう)吉良(きら)義央(よしなか)幕府(ばくふ)(きず)つけ、大不敬(だいふけい)たるを(もつ)て、即日(そくじつ)()(たま)(ほう)(のぞ)かる。(こう)(おとうと)長廣(ながひろ)(めい)じて屏居(へいきよ)せしめ、(つい)(しろ)(をさ)む。闔藩(かふはん)恇擾(きやうぜう)し、鳥竄(てうざん)獸走(じうそう)す。()()()して(ちか)ひ、終始(しうし)一節(いつせつ)()()りて(へん)ぜざりし(もの)四十七人(しじふしちにん)重賢(しげかた)()(ひとり)(なり)(おのおの)(みずか)姓名(せいめい)()へ、四散(しさん)韜晦(たうくわい)して、(もつ)(くわん)長廣(ながひろ)(およ)義央(よしなか)處措(しよそ)するを()つ。重賢(しげかた)(すなは)高畑(たかはた)源野右衞門(げんやゑもん)(あらた)め、縱飲(しよういん)賭博(とばく)し、蕩然(たうぜん)として檢束(けんそく)()し。蓬髪(ほうはつ)敝衣(へいい)(しばしば)(あに)()いて乞貸(きつたい)す。比鄰(ひりん)指笑(しせう)すれども、(がう)()づる(いろ)()(なり)

 (のち)(ひさ)しく(きた)らず。一日(いちじつ)(さけ)一壜(ひとびん)(ひつさ)げて(きた)()ふ。糟氣(さうき)蓬勃(ほうぼつ)たり。(とき)(ゆき)()り、()赤紙(あかがみ)油衣(ゆい)穿(うが)てり。嫂氏(さうし)()ひて(いは)く、「(ひさ)しく伯兄(はくけい)拜晤(はいご)せず。(いま)(まさ)遠行(ゑんかう)()らんとす。()りて對斟(たいしん)して(わかれ)()さんと(ほつ)す。」と。(さう)(いは)く、「(とし)(まさ)(あらた)まらんとし、公事(こうじ)(かさぬ)るが(ごと)し。今朝(こんてう)(めい)(ほう)じて各方(かくはう)使(つかひ)す。(かへ)ること(かなら)(おそ)からん。」と。重賢(しげかた)(いは)く、「(てい)(のぼ)るに()()り、(ふたた)(よぎ)ることを()ず。(しばら)()(かへ)るを()たん。」と。時時(ときどき)漏刻(ろうこく)()ふ。(すで)にして(いは)く、「(おそ)きこと(はなはだ)し。()一壜(ひとびん)(わか)ち、(なかば)(もつ)(これ)伯兄(はくけい)(ほう)じ、(なかば)(もつ)(あたた)めて(これ)重賢(しげかた)(たま)へ。(いささ)(もつ)獻酬(けんしう)()せん。」と。(すなは)(きつ)すること徐徐(じよじよ)にして、(みみ)屐聲(げきせい)(かたむ)くること(しばしば)なり。(いは)く、「重賢(しげかた)()かん、(えつ)することを()ざる(なり)嫂氏(さうし)(わずら)はさん。(ため)()()(いた)せ。」と。顧望(こばう)踟蹰(ちちゆ)して()りぬ。(あに)(かへ)(これ)()きて(いは)く、「(ああ)(かれ)にして(なほ)()(しか)()。」と。嘆吁(たんく)すること(これ)(ひさ)しうせり。

 重賢(しげかた)(すで)()り、堀部(ほりべ)金丸(あきざね)(いへ)(いた)り、同盟(どうめい)訣飲(けついん)す。(あらた)めて救火(きうくわ)(よそほ)ひを()し、(やく)して(いは)く、「不幸(ふかう)にして(こと)()らずんば、(みな)(みづか)(ほふ)りて()せん。」と。良雄(よしたか)(これ)節度(せつど)()り、義央(よしなか)(やしき)(いた)りぬ。前後(ぜんご)(もん)()ちて(ひと)しく()り、踴躍(ようやく)力戰(りきせん)す。間光興(はざまみつおき)義央(よしなか)()きて(これ)(たふ)せり。(しう)欣舞(きんぶ)し、(きぬ)もて()(くび)(つつ)み、(これ)槍竿(さうかん)()く。重賢(しげかた)矢田(やた)助武(すけたけ)(とどま)りて、(みづ)竈爐(さうろ)(そそ)ぎ、()(いまし)めて()る。(とも)泉岳寺(せんがくじ)(おもむ)いて、(くび)(こう)墓前(ぼぜん)(けん)じ、拜跪(はいき)して(じやう)(ほう)じ、(つみ)監察(かんさつ)()ふ。(くわん)(わか)ちて(これ)四藩(しはん)(こう)ず。明年(みやうねん)二月(にぐわつ)四日(よつか)自刃(じじん)(たま)へり。重賢(しげかた)(とし)三十五(さんじふご)なりき。

 ()(あに)(なげ)いて(いは)く、「(かれ)()大事(だいじ)()す。沈湎(ちんめん)して(みづか)(くら)ます所以(ゆゑん)(なり)()(さつ)せずして、(しばしば)(これ)(はづかし)む。(かれ)(かなら)(われ)(もつ)痴呆(ちほう)()さん。(めん)せずして死別(しべつ)せるは、()(ただ)()(おとうと)遺憾(ゐかん)のみならんや。(びん)()()(おとうと)遺念(ゐねん)(なり)。」と。(いだ)きて(もつ)()けり。龍野(たつの)(こう)(これ)()き、()りて(これ)()感激(かんげき)(あま)り、椅桐(いとう)もて(はこ)(せい)し、(した)しく「忠義(ちうぎ)德利(とくり)」の四字(しじ)(しよ)して(これ)(あた)ふ。邦人(はうじん)(びん)(しよう)して「德利(とくり)」と(いは)ふ。所謂(いはゆる)貧乏(びんばふ)德利(とくり)」なる(もの)()(なり)

 (また)(つた)ふ、「重賢(しげかた)(こと)(したが)ふの(まへ)(ゆき)(じよう)じて(いもうと)(をつと)(ぼう)()ひ、對酌(たいしやく)して(くわん)()くす。小刀(せうたう)()()(あた)へ、(ひそか)(もつ)遺念(ゐねん)()せり」と。(いま)()所在(しよざい)()らざる(なり)

 (ああ)遺念(ゐねん)()せし(もの)埋沒(まいぼつ)し、(しかう)して倒棄(たうき)せし(ところ)(もの)(すなは)(そん)す。(もの)にも(また)幸不幸(かうふかう)()()當時(たうじ)傳聞(でんぶん)し、(きた)りて()(びん)()(もの)撫摩(ぶま)して(あるい)(なんだ)(くだ)るに(いた)る。(いま)(いへ)寳藏(はうざう)す。(いま)主人(しゆじん)勘之助(かんのすけ)()ふと()ふ。

 野史氏(やしし)(いは)く、天下(てんか)遺屨(ゐく)は、(もつ)(たく)(うづ)()く、天下(てんか)棄壜(きびん)は、(もつ)(やま)()()し。(しか)れども天祥(てんしやう)(くつ)重賢(しげかた)(びん)は、後世(こうせい)韜櫝(たうとく)珍襲(ちんしふ)し、(ひと)をして感激(かんげき)して(なんだ)(ふる)はしむる(もの)(なん)()()精忠(せいちう)鴻義(こうぎ)(おほい)(こと)なること()るを(もつ)てに(あら)()(いま)()郡縣(ぐんけん)(せい)()ち、四海(しかい)一君(いつくん)にして、匹夫(ひつぷ)匹婦(ひつぷ)も、(みな)()臣民(しんみん)なり。(すなは)()(みち)()(ますます)(もつ)講明(かうめい)せざる(べか)らざる(なり)赤穗(あかほ)遺臣(ゐしん)(こと)(まこと)(もつ)薄俗(はくぞく)(あつ)くし、民風(みんぷう)(ふる)ふに()る。一磁壜(いちじびん)()(いへど)も、()()湮沒(いんぼつ)(をし)む。()りて縷記(るき)して(これ)(へう)す。

2002年4月28日公開。