日本漢文の世界


赤埴重賢語釈

龍野(たつの)

現在の兵庫県竜野市。脇坂氏の城下町。姫路市の北側にある。

赤穗(あかほ)

現在の兵庫県赤穂市。浅野氏の城下町であったが、城主浅野長矩(あさの・ながのり)が江戸城内で吉良義央(きら・よしなか)を斬りつけた事件で、御家取潰しとなり、城主は森氏に交代した。

義子(ぎし)

養子のこと。当時の武家では、原則として長男が家を継ぐので、次男以下は養子の口を探した。

馬廻(うままはり)

武家の役職。主君の馬の護衛をするというのが、もとの役目。江戸時代には、上士の身分であった。 

二百石(にひやくこく)

一石は百升(十斗)。武士の給料は、米の量で決められていた。なお、「こく」の意味のときは、中国では字音shíではなく慣用音でdànと読む。ちなみに中国の石(dàn)は、唐代は約59.4リットル、清代は約103.6リットルであるのに対し、わが国の石(こく)は、約180.3リットルである。

(ひと)()

性質、人柄。 

勇毅(ゆうき)

いさましく、意志が強いこと。

忠直(ちうちよく)

忠義で正直であること。 

元祿(げんろく)

元禄時代は、江戸の第五代将軍徳川綱吉の治世。浅野長矩が吉良義央を殿中で傷つけたのは元禄14年3月14日であり、赤穂浪士討入は元禄15年12月14日である。

赤穗(あかほ)(こう)

浅野長矩(あさの・ながのり)のこと。播州赤穂の城主で、内匠頭(たくみのかみ)であった。元禄14年3月の勅使東下の際に接待役を命じられたが、礼式指南役の吉良義央(きら・よしなか)に賄賂を贈らなかったために辱められ、江戸城中の松の廊下で吉良を斬りつけた。この事件によって即日切腹させられ、御家取潰しになった。 

吉良(きら)義央(よしなか)

上野介(こうずけのすけ)と称していた。吉良家はいわゆる高家(こうけ=幕府で礼式をつかさどる家柄)で、義央は礼式に通じ、幕府内で重きをなしていたが、傲慢な性格であったといわれている。 

幕府(ばくふ)

ここでは江戸城を指す。 

(ほう)

諸侯の領土をいう。 

長廣(ながひろ)

浅野長広は、長矩の弟。幕府の旗本であった。江戸城での刃傷事件のあと、閉門を仰せ付けられ、ついで広島藩の浅野本家に預けられた。 

屏居(へいきよ)

家にひきこもることが原義だが、ここでは幕府から閉門を仰せ付けられたこと。閉門とは、自宅の門を閉じて外出を許さない、一種の監禁刑であった。 

(しろ)(をさ)

赤穂城を明け渡させたこと。 

闔藩(かふはん)

全藩というのとおなじ。藩全体。

恇擾(きやうぜう)

恐れて乱れること。

鳥竄(てうざん)獸走(じうそう)

鳥や獣がばらばらに逃げていくように、ばらばらになっていなくなること。

()()して(ちか)

血判をしたこと。

四散(しさん)

あちこちに散らばること。

韜晦(たうくわい)

つつみかくすこと。ここでは、討入の志をつつみかくしたこと。

處措(しよそ)

処分すること。吉良義央は罪無しとされ、長広は広島藩に預けられることになった。この処分に対する失望が討入の動機になったともいわれる。

縱飲(しよういん)

「縱」(ショウ zòng)は「ほしいまま」。酒ばかり飲んでいた。

蕩然(たうぜん)

蕩然(dàng rán)とは、跡形もなく、なくなってしまうこと。「蕩然無存」のように使う。

檢束(けんそく)

とりしまり、制約のこと。「蕩然無檢束」は、まったく制約するものがなかった、ということ。要するに放縦だった。

蓬髪(ほうはつ)敝衣(へいい)

ボサボサ頭に、やぶれたボロ服。だらしのない格好。「敝衣」は「弊衣」とも。

(あに)

龍野侯の家臣で、鹽山氏。

乞貸(きつたい)

借金をすること。ただし、ここでは無心のこと。

比鄰(ひりん)

近隣というのと同じで、近所の人たちのこと。

指笑(しせう)

ゆびさしてあざわらう、つまり「後ろ指をさす」という意味の造語。

一日(いちじつ)

ある日。

糟氣(さうき)蓬勃(ほうぼつ)

酒の香りがあたりにただようこと。「糟氣」は、酒の香りというつもりの造語(糟は酒かす)。蓬勃は、香りが広がるようす。

赤紙(あかがみ)油衣(ゆい)

赤い油紙で作った雨合羽。「油衣」は、もともと油布でつくる雨衣をいう。当時、油布のかわりに油紙でつくったものもあった。

穿(うが)

身に着けること。

嫂氏(さうし)

あによめ。「嫂子」とも。

伯兄(はくけい)

長兄のこと。 

拜晤(はいご)

お会いする。「晤」は会うこと。「拝候」というのと同じ意味。 

遠行(ゑんかう)

「死にに行く」ことの婉曲表現。(ここでは、江戸の吉良邸への討入に行くこと。)

對斟(たいしん)

向かい合って酒を酌み交わすこと。「対酌」とも。

公事(こうじ)

公務のこと。古くは「くじ」と読んだ。

(かさぬ)

幾重にも積み重なること。

(てい)(のぼ)

旅立つこと。

漏刻(ろうこく)

ここでは時刻のこと。(原義は水時計のこと。)江戸時代には、一般家庭に時計などはなく、時の鐘で時刻を知った。

獻酬(けんしう)

杯のやりとりをすること。

()

なぞらえること。ここでは、徳利の半分の酒を自分が飲み、半分を兄のために残しておくことで、献酬になぞらえた。

(きつ)

飲むこと。「喫」(chī)は、ふつうは食べることだが、飲む意味でも使う。

屐聲(げきせい)

はきものの音。兄が帰ってこないかと、外の足音に耳をすました。

(ため)

爲我(我がために)。

()(いた)

自分の意向を兄に伝えること。つまり、「徳利半分の酒を、別れの杯のかわりにしてほしい」と兄に伝えること。

顧望(こばう)踟蹰(ちちゆ)

「顧望」も「踟蹰」もためらう様子。兄に一目会わずには去りがたい思いがあった。 

(かれ)にして云云

「日ごろ放蕩な弟と思っていたのに、別れを惜しむ様子はただならない。何事かあるのだろうか」と気になった。

嘆吁(たんく)

長大息する。ためいきをつく。

堀部(ほりべ)金丸(あきざね)

通称は弥兵衛(やへえ)。赤穂藩の江戸留守居役。高田馬場の決闘で有名な堀部安兵衛は、金丸の養子。金丸は、77歳で、義士中の最長老であった。討入前夜の別れの宴は、彼の家で行われた。

同盟(どうめい)

もともと諸侯の同盟のことをいう語。ここでは討入の同志たちのこと。

訣飲(けついん)

別れの杯を酌み交わすこと。

救火(きうくわ)(よそほ)

赤穂義士は、火消装束(ひけし・しょうぞく)で討入に行った。(諸説あるが、大石ら数人が火消装束だったのは間違いないとされる。)

(ほふ)

殺すこと。とくに殺戮をいう語。「ほふる」と古語で読む。

良雄(よしたか)

大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)の諱(いみな)。大石は、赤穂義士の首領。

節度(せつど)()

指揮をとること。

()

襲撃すること。「斫(シャク zhuó)」は、もともと斧で「切る」ことだが、襲撃するという意味にも使われる。

踴躍(ようやく)

喜び勇んで、従事する様子。(もとは飛び跳ねる意。)

間光興(はざまみつおき)

赤穂義士の一人で、討入のとき炭小屋に隠れていた吉良義央を発見した。

()

槍で突いた。

欣舞(きんぶ)

こおどりして喜ぶこと。「欣喜雀躍」。

槍竿(さうかん)

やりの柄のこと。

矢田(やた)助武(すけたけ)

赤埴重賢とともに芝浜松町に潜伏していた同志。討入中、敵に切りつけたとき、刀が折れてしまったというエピソードがある。

竈爐(さうろ)

「かまど」と「いろり」。火元になりそうなところに水を注いで、火事にならないようにした。

泉岳寺(せんがくじ)

東京品川にある。主君浅野長矩が葬られていたので、ここへ報告に行った。のち、赤穂義士四十七人もここに葬られた。

(こう)

主君浅野長矩。

拜跪(はいき)

ぬかづくこと。両膝を地に着けて伏し拝むこと。

(じやう)(ほう)

委細に事情を報告すること。

監察(かんさつ)

監督・視察を役目とする役人のこと。

沈湎(ちんめん)

酒色におぼれること。

(くら)ます

つつみかくすこと。「韜晦」に同じ。

痴呆(ちほう)

「ばかもの」という意味。現代語の「痴呆」が、いわゆるボケのことをいうのとは異なる。

(めん)

対面すること。

遺憾(ゐかん)

残念の意。

遺念(ゐねん)

死んだ人の形見。

椅桐(いとう)

きりの木。

(した)しく

おんみずから。自分でなさる意。

貧乏(びんばふ)德利(とくり)

量り売りで酒を買うときに使う一升徳利。「貧乏徳利」という名称は、金持ちは樽で酒を買うのに対して、量り売りで買うのは貧乏人であることに由来している。

對酌(たいしやく)

向かい合って酒を酌み交わすこと。

(くわん)

よろこび。

所在(しよざい)

ありか。形見として残された小刀の所在(ありか)が分からなくなってしまった。

倒棄(たうき)

倒したり、棄てたりする、という意味。

當時(たうじ)

そのころ。「當時」は、「ただいま」「すぐに」の場合と、「そのころ」の場合がある。ここでは後者。

撫摩(ぶま)

手でさすること。

(なんだ)(くだ)

涙を流す。「泣(キフ qì)」には、「小声で泣く」という意味のほかに「なみだ」という意味がある。「なんだ」と読みならわしている。

寳藏(はうざう)

宝物として、大切にしまっておくこと。

主人(しゆじん)

赤埴重賢の兄の子孫である、鹽山家の現在のあるじ。

野史氏(やしし)

史伝の末尾に論評を加える「論賛」の最初には、「野史氏曰く」、「外史氏曰く」、「賛に曰く」などと書く。

遺屨(ゐく)

棄てられたくつ。「遺」には「棄てる」という意味がある。「屨」は「くつ」。

(たく)

水流のあつまるところ。和語の「さわ」は、山あいの谷川のことなので、ここでは「タク」と音読しておく。

棄壜(きびん)

棄てられた壜。

天祥(てんしやう)(くつ)

「天祥」とは文天祥(ぶん・てんしょう、1236-1282)のこと。文天祥は、宋が元によって滅ぼされれようとしているときに、最後まで抵抗した忠臣。詩人でもあり、「正気歌」が有名。元帝フビライに処刑された。
 「天祥の屨」というのは、文天祥のくつを手に入れた人は、何の変哲もない、使い古したくつであるにもかかわらず、「忠臣のくつ」として宝のように大切にした、ということ。『靖獻遺言』(浅見絅斎の著書)の文天祥伝に「其の一履を得る者有れば、亦之を寳藏せりと云ふ」とある。

韜櫝(たうとく)

箱に入れて、大事にしまっておくこと。「韞櫝(ウントク yùn dú)」とも。

珍襲(ちんしふ)

大切に秘蔵すること。

(なんだ)(ふる)

涙を流すこと。

精忠(せいちう)

忠義のまことをつくすこと。「精忠」という語は、岳飛(宋の忠臣)を連想させる。岳飛は金との戦いに連戦連勝し、高宗から宸筆で「精忠岳飛」と書かれた「精忠旗」を賜った。

鴻義(こうぎ)

大きな忠義。

(おほい)

「祗(ギ qí)」には、「大きい」という意味がある。

(いま)

明治の御代となった今現在。

郡縣(ぐんけん)(せい)

それまでの幕藩体制は、一種の地方分権政体であったが、明治政府は、中央集権体制を作り、天皇中心の国家ができた。法制度としては、明治4年の廃藩置県につづき、明治11年に郡区町村編成法が制定された。

四海(しかい)一君(いつくん)

四海とは、天下のこと。天下において君主は、天皇陛下ただお一人であること。

匹夫(ひつぷ)匹婦(ひつぷ)

平民のこと。

臣民(しんみん)

(天皇陛下の)官吏と人民。

()(みち)

「精忠鴻義」(前出)の道。

講明(かうめい)

説き明かすこと。

薄俗(はくぞく)

軽薄な風俗。

湮沒(いんぼつ)

埋もれて分からなくなってしまうこと。

縷記(るき)

事細かに記すこと。 

(へう)

顕彰すること。 

2002年4月28日公開。