日本漢文の世界

 

英傑の遺墨が語る日本の近代



香坂昌康(天山)
こうさか・まさやす(てんざん)
著作権継承調査中


1881-1967。東京府知事。全日本弓道連盟会長。

香坂昌康 日本漢文の世界 kambun.jp

[解読]

至大至剛
  天山書

[訓読]

至大(しだい)至剛(しごう)
  天山(てんざん)(しょ)

[語釈]

至大(しだい)
 度量が広く立派な人格であること。
至剛(しごう)
 剛健で邪悪に屈しないこと。

[訳]

度量が広く、剛健で邪悪に屈しない。
    天山書く

2010年9月12日公開。

ホーム > 英傑の遺墨が語る日本の近代 > 作品リスト > 香坂昌康

ホーム > 英傑の遺墨が語る日本の近代 > 作品リスト > 香坂昌康