日本漢文の世界

 

英傑の遺墨が語る日本の近代



犬養毅(木堂) 五言絶句(唐詩)
いぬかい・つよし(ぼくどう)


1855-1932。国民党総裁。首相。5・15事件に倒る。

犬養毅 五言絶句 日本漢文の世界 kambun.jp

[解読]

乾坤有精物
至宝無文章(韻)
彫琢為世器
真性一朝傷(韻)
(五言絶句。平声陽韻)
    木堂

[訓読]

乾坤(けんこん)精物(せいぶつ)()
至宝(しほう)にして文章(ぶんしょう)()
彫琢(ちょうたく)して世器(せいき)()
真性(しんせい)一朝(いっちょう)(きず)
   木堂(ぼくどう)

[語釈]

乾坤(けんこん)
 天と地。

精物(せいぶつ)
 宝玉のこと。

至宝(しほう)
 もっとも貴重であること。

文章(ぶんしょう)
 模様。

彫琢(ちょうたく)
 模様を彫りつけ、磨くこと。

世器(せいき)
 世にすぐれた器物。

一朝(いっちょう)
 いっとき。

[訳]

天地の間には、すばらしい宝玉がある。
その宝玉は最も貴重で、模様はついていない。
模様を彫り付けて世にすぐれた物にしようとしても、
それはまことに一時に宝玉を傷物にしてしまうのだ。
    木堂

[出典]

唐代の詩人・韋応物の『詠玉』詩

2009年3月28日公開。2009年6月17日・18日一部修正。

ホーム > 英傑の遺墨が語る日本の近代 > 作品リスト > 犬養毅

ホーム > 英傑の遺墨が語る日本の近代 > 作品リスト > 犬養毅