日本漢文の世界

姓・号 大槻 如電(おおつき じょでん)
生没年(享年) 弘化2年(1845)-昭和6年(1931) (87歳)
諱(いみな) 清修(せいしゅう)
字(あざな) 念卿(ねんけい)
通称 修二(しゅうじ)
雅号 如電(じょでん)
謚(おくりな)  
出身地 江戸。父磐渓は仙台藩儒であったが、江戸に居住していた。
師の名  
官職等  
代表的著作 舞楽図説
洋学年表
江戸服飾史談(2001年に芙蓉書房から復刻版が出て、話題になった。)
伝記:

 如電は、蘭学者・大槻磐水(玄沢)先生の孫に当たる。父は『近古史談』の著者、大槻磐渓。
 少時から学を好み、漢学・国学を修めた。明治8年、家督を弟の文彦(国語学者・『大言海』編者)に譲って隠居し、もっぱら好きな学問をした。非常な博学家で、学は和漢洋をかね、ディレッタントとして名を馳せた。ことに日本音楽に造詣が深く、雅楽から俗謡にいたるまでの技術をマスターしており、自分でも長唄の詞を書いている。
 昭和3年、弟の文彦が『大言海』修訂途上で亡くなると、その後を引き継いで完成を急いだ。如電も、昭和6年に亡くなり、『大言海』修訂版は翌昭和7年にいたってようやく完成した。
2001年11月10日公開。

ホーム > 名家短文集 > 大槻 如電(おおつき じょでん)

ホーム > 名家短文集 > 大槻 如電(おおつき じょでん)