日本漢文の世界

月ヶ瀬梅渓(月瀬記勝)




月ヶ瀬梅渓 日本漢文の世界 kambun.jp

 奈良市月ヶ瀬には、かつて十万株を超える圧倒的な梅の木と、山と川の風景が溶け合った景勝でした。しかし、それらの梅は村民たちが農作物として植えたものであり、長い間ほとんど誰にも知られることはなかったのです。月ヶ瀬を称揚すべき景観として驚きをもって「発見」したのは、当時の知識人たちでした。ことに、斎藤拙堂先生の『月瀨記勝』は、発刊されるやたちまちベストセラーとなり、月ヶ瀬は一気に観光地となっていきました。

月ヶ瀬梅渓 日本漢文の世界 kambun.jp

 この『月瀨記勝』は、当サイトで公開している鎌田梁洲の『観瀑図誌』等に先行するもので、漢詩文による紀行文流行のきっかけともなった画期的な作品です。
 『月瀨記勝』は、乾・坤の二巻から成り、乾巻冒頭に月ヶ瀬の略地図と月ヶ瀬の景色を描いた図(八種)が掲載されています。乾巻の内容は、拙堂先生による紀行文「梅谿遊記」(一~九)と、紀行詩「梅谿十律」です。これに対して坤巻の内容は、梁川星巌、頼山陽、篠崎小竹ら、拙堂先生の友人たちによる梅に関する詩のアンソロジーとなっています。
 当サイトでは乾巻の「梅谿遊記」(一~九)と「梅谿十律」のみを紹介しています。これらは拙堂先生の年上の友人・頼山陽が全編にわたって添削をしており、その添削内容が「賴山陽刪潤梅谿遊記」として残されています(『日本藝林叢書』第二巻所収)。当サイトでは「賴山陽刪潤梅谿遊記」も公開しました。頼山陽の添削のあとを見ると、思わず膝を打つところが多くあります。拙堂・山陽という当時を代表する二人の文豪のコラボレーションをお楽しみください。

事情により当初の公開予定からは10年ほど遅れてしまいましたが、ようやく公開できました。ご教示くださった方々に感謝いたします。当サイトの解釈等に誤りを発見された場合は、お知らせいただければ幸いに存じます。

ここから読み始めてください(入り口)



『月瀨記勝』について
『月瀨記勝』乾巻の図版
作者・斎藤拙堂について
梅谿遊記一
梅谿遊記二
梅谿遊記三
梅谿遊記四
梅谿遊記五
梅谿遊記六
梅谿遊記七
梅谿遊記八
梅谿遊記九
梅谿十律

ホーム > 名勝の漢文 > 月ヶ瀬梅渓(月瀬記勝)

ホーム > 名勝の漢文 > 月ヶ瀬梅渓(月瀬記勝)

2019年5月2日公開。


Copyright © 2019 Matsumoto Jun. All Rights Reserved.