日本漢文の世界

頼山陽

 日本漢文学における最大のスター作家は、江戸時代後期の詩人・文人で、『日本外史』の著者である頼山陽 (らい・さんよう)です。
 見延典子(みのべ・のりこ)氏の小説『頼山陽』(上・下、徳間書店刊)は、すぐれた伝記小説です。
 このコーナーには頼山陽に関する記事を載せてゆく予定です。

頼山陽故居「山紫水明処」訪問


頼山陽の故居「山紫水明処」を平成19年(2007年)の11月に訪問したときの見学記です。

ホーム > 頼山陽

ホーム > 頼山陽

2007年12月30日公開。