日本漢文の世界

漢訳不如帰



不如帰の浪子(黒田清輝 画)

 明治44年の出版の『漢訳不如帰』は、和文漢訳の傑作のひとつです。その特徴は、近代小説の漢訳である点にあります。
 原作の『不如帰』は、地の文は易しい文語文ですが、会話文は当時の口語をそのまま写しており、九州弁や関西弁も登場しています。
 人物の描写も活き活きとしており、今読んでも、「こんな人、自分の周りにもいるなあ」と感心させられます。
 そして、当時の婦人の運命・・・浪子の非業の死・・・。
 原作の非常にドラマティックな展開を、漢文に訳した訳者・杉原夷山の手腕も、なかなかなものです。

※この作品は、徳富蘆花の『不如帰』の全訳であり、非常に長いので、長期間にわたり、すこしずつ連載する予定です。

※原作は、民友社原版(三版 明治33年4月刊)に拠りました。漢訳は、千代田書房(明治44年4月)刊。英訳は、誠文堂(大正6年9月)刊に拠っています。

※原作のかなづかいは、当時の慣行によるものであり、いわゆる「歴史的かなづかい」には一致しない部分が多く見られますが、原作のまま改めていません。

※訓読は、できるかぎり原漢訳書の訓点・送りがな・読みがな等にもとづき、訳者の意図した訓読を再現することに努めました。

ここから読み始めてください(入り口)



『漢訳不如帰』について
作者・杉原夷山について
(一)の一 (1)
(一)の一 (2)
(一)の二 (1)
(一)の二 (2)
(一)の二 (3)

ホーム > 和文漢訳資料 > 漢訳不如帰

ホーム > 和文漢訳資料 > 漢訳不如帰

2009年9月6日公開。2009年10月12日追加。